いつまで経ってもわからない、WEBってやつは・・・(´・ω・`)

【WP】不動産プラグインを使ってみた8つのステップ

WordPressでECだったらWelcartプラグイン、不動産だったら不動産プラグインですよね。

不動産プラグイン、バージョンによって異なるけど、やる度に確認する部分を自分用のメモに残そうかな、と(´・ω・`)

■使用状況

  • 不動産プラグイン本体(無料) ver1.4.4(2014/2/20現在)
  • PHPバージョン 5.3.27(PHPバージョン 5.2.4 以降推奨)
  • MySQLバージョン 5.0.95(MySQL 5.0.15 以降推奨)

よし、インストール。。。と思ったけど、

パーマリンク設定は「デフォルト」

無理じゃねΣ( ゚д゚ )

■基本的な注意事項

  • パーマリンク設定は「デフォルト」
  • アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理 「チェックを外す」
  • 相互使用不可プラグイン(各種あるのでチェック)※導入方法
  • マルチサイト非対応
  • 物件検索のフォームはcontact Form 7推奨
  • bmp形式の画像や大きすぎる(小さすぎる)画像はNG

マルチも無理じゃんね(´・ω・`)ってことで新しくテスト用に追加orz

あたらしくWP設置(; ゚Д゚)<MENDOKUSAI

なので、デフォルトテーマの『14』にて、やってみよう(`・∀・´)<今だって14だけど

STEP1. WP設置(設定)

上記の『基本的な注意事項』部分確認。

とりあえずこれチェック!

  • パーマリンク設定は「デフォルト」
  • アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理 「チェックを外す」
  • 相互使用不可プラグイン(各種あるのでチェック)※導入方法

STEP2. 不動産プラグインインストール→有効

不動産プラグインダウンロードページからダウンロードしたzipをアップロードして(管理画面からやっちゃう(´・ω・`))有効!有効!

STEP3. contact form 7をインストール→有効

プラグイン新規追加画面から『Contact Form 7』検索してインストールして有効!有効( ゚∀゚)o彡°

STEP4. 物件詳細用のフォームをcontact form 7で作る。

フォームサンプル

<p>「<span class="red">*</span>」は必須項目になります。</p>
<table class="tbl01" cellpadding="0" cellspacing="0">
<tr>
<th>物件名</th>
<td>[text your-subject class:readonly] </td>
</tr><tr>
<th>ご希望内容 <span>*</span></th>
<td>[checkbox* checkbox-1 use_label_element "物件を実際に見たい" "間取図が見たい" "周辺環境を知りたい"  "お店に行きたい" "最新の空室状況を知りたい" "入居に関して相談したい"]</td>
</tr><tr>
<th>お名前 <span>*</span></th>
<td>[text* your-name] </td>
</tr><tr>
<th>メールアドレス <span>*</span></th>
<td>[email* your-email] </td>
</tr><tr>
<th>お電話番号<span>*</span></th>
<td>[text* tel] </td>
</tr><tr>
<th>メッセージ</th>
<td>[textarea your-message] </td>
</tr>
</table>
<p class="btn_submit">[submit "送信"]</p>

件名サンプル

物件【[your-subject]】についてのお問い合わせ

 メッセージ本文サンプル

物件お問い合わせフォームより

差出人: [your-name] <[your-email]>
件名: 物件【[your-subject]】についてのお問い合わせ

物件名:[your-subject]
ご希望内容:[hope]
お名前:[your-name] 
お電話番号:[tel]
メールアドレス:[your-email]
メッセージ:[your-message]

-------------------------------------------

このメールはしろうとにけがはえた不動産の物件お問い合わせフォームから送信されました

-------------------------------------------
しろうとにけがはえた
〒000-0000
XXXXXXXXXXX
TEL 000-0000-0000
FAX 000-0000-0000
-------------------------------------------

自動返信メール件名サンプル

【[your-subject]】についてのお問い合わせありがととうございました

 自動返信メール本文サンプル

[your-name]様

この度はしろうとにけがはえた不動産テスト物件【[your-subject]】についてお問い合わせいただきありがとうございます。
後ほど担当者よりご連絡をさせていただきますので、今しばらくお待ちください。

送信内容
----------------------------------------------------------------------

差出人: [your-name] <[your-email]>
件名: 物件【[your-subject]】についてのお問い合わせ

物件名:[your-subject]
ご希望内容:[hope]
お名前:[your-name] 
お電話番号:[tel]
メールアドレス:[your-email]
メッセージ:[your-message]

-------------------------------------------

このメールはしろうとにけがはえた不動産の物件お問い合わせフォームから送信されました

-------------------------------------------
しろうとにけがはえた
〒000-0000
XXXXXXXXXXX
TEL 000-0000-0000
FAX 000-0000-0000
-------------------------------------------

 その他の設定サンプル

on_sent_ok: "location.replace('/?p=★');"

 STEP5. 不動産プラグイン設定(基本設定)

『ツール>不動産プラグイン設定』にて設定をする

とりあえず必須項目を(´・ω・`)

  • 物件を入力する県を設定
  • 物件問合せ先を入れる

    とりあえず不動産プラグインの参考例をそのまま入れる

    <h3>お問い合わせ先</h3>
    <div>
    <strong>○○○○○○不動産</strong> <br />
    〒000-0000 東京都○○区○○○○-○<br />
    TEL 03-0000-0000 FAX 03-0000-0000<br />
    営業時間 AM10;00~PM7:00 定休日 毎週水曜日<br />
    宅建免許番号: 東京都知事 (X) 第XXXXX号 <br />
    </div>
  • 物件詳細用にcontact form7 で作成したフォームを入れる

    <h3>物件お問い合わせフォーム</h3> [contact-form-7 id="★" title="物件お問い合わせ"]

STEP6. 物件を登録するカテゴリを作成

とりあえず 『賃貸物件』『売買物件』を作成(´・ω・`)

STEP7. 物件を登録

 とりあえず必要な部分を(´・ω・`)<下記は必須

  • 物件画像』※画像は画像2(外観)が優先。無ければ画像1(間取)表示。どちらも無い場合はトップに表示されない。
  • 『物件』の物件番号
  • 『物件種別』の物件種別
  • 所在地』※基本設定で設定した都道府県が表示される。
  • 『交通1』の路線、時間
  • 『建築構造』の建物面積・専有面積
  • 『間取』の間取部屋数
  • 『金銭面』の賃料・価格

そして登録したカテゴリを選択する(とりあえず『賃貸物件』と『売買物件』1つずつ作成(´・ω・`))

STEP8. ウィジェットを設定する

トップページ

外観>ウィジェットにて 『トップ物件表示』を トップページウィジェットエリアへ移動

物件詳細ページ

外観>ウィジェットにて 『関連物件表示』ウィジットを右メニュー内「物件詳細ページ」へ移動

 サイドバー

外観>ウィジェットにて メインサイドバーに入れたい項目を移動
※詳しい項目一覧はこちら→サイドバー用ウィジェット

見てみる

トップページ

fudosanplugin_img01

お(´・ω・`)!見えた!トップページに新着とりあえず入れた2件と、とりあえずサイドバーにいれた検索!いえす!

※トップページは不動産プラグインの中のページになります。
  ウィジェットで『任意のテキストと HTML』で入れてもいいですが、いつもの様にいろいろ新着情報(what’s newとか)出したいんだぜ!ていう場合は

プラグインの編集から(管理画面から触れるからね!)

  • TwentyThirteen(13)までの場合は下記
    /wp-content/plugins/fudou/themes/home.php
  • TwentyFourteen(14)の場合は下記
    /wp-content/plugins/fudou/themes/home2014.php

を変更でいろいろできる!※不動産プラグイン用のタグとかは削除しないようにきをつけてね(´・ω・`)ノ ファイル場所一覧

物件詳細ページ

fudosanplugin_img02

ふむふむ、とりあえずテーブルだけCSSいれたけどなるほどー!
ちゃんと見えてる(´・ω・`)

fudosanplugin_img03

画像クリックしたら下に表示される文字もちゃんと出てる(´・ω・`)!

fudosanplugin_img04

これもデフォで出る設定になってたから出た(´・ω・`)!

fudosanplugin_img05

 物件お問い合わせフォームもちゃんと出来てる(´・ω・`)!

物件名・・・多いね(ノ∀`)w物件記事の『タイトル』、『物件番号』、『賃料・価格』が出てるからね!いらない場合はカスタムだねw

でもとりあえず物件名のとこ、上記自動取得だからユーザにいじらせないようにreadonlyにした!

参考コード(下記はclass=”readonly”に対してreadonly)

<script type="text/javascript">
jQuery(document).ready(function() {
	jQuery(".readonly").attr('readonly', 'readonly');
});
</script>

 CSSはボーダーとっただけだから割愛(ノ∀`)!(笑)

各カテゴリへのURL

不動産プラグインのカテゴリのURLは最後にカテゴリスラッグを入れた下記です

/?bukken=★

 例えば売買物件のカテゴリスラッグが『sale』だとすると、

/?bukken=sale

 がカテゴリのURLとなります(´・ω・`)

カテゴリ一覧

fudosanplugin_img06

 

あとはスマホに対応させるならテーマ買うとか、ちょこちょこカスタムして使いやすく使えばOK(ゝω・)v